momoshio

略歴

momoshio
最愛のモモと

プロフィール
//////////
料理、アパレル販売、輸入雑貨店の店主など数々の仕事を経た後「絵が好きな子供だった」ということだけを頼りに何ら勉強もしないまま「ある日突然<絵描きになろう>」と決意し、店を閉め、賃貸マンションを引き払い、2012年2月ライフラインの無い山の一角に移り住む。

フクロウやキジやサルか遊びに来る緑豊かな土地で、青空のもと日々畑を耕しながら、廃棄される段ボールにペンキで描いた作品を制作し続ける。

山への引越し荷物にたくさんあったハチミツをコーヒーに入れて飲んだら美味しかったことから、「HACHIMITSU COFFEE PAINTINGS」というシリーズ名を作品に付け同年春より神戸湊川公園のアート市(現在の手仕事市及びアート縁日)に出展。芝生の上でベニヤ板に絵を並べ売り始める。
しばらくは山で絵を描いては街のイベントで販売するという日々を送る。

同年秋に神戸三宮高架下ギャラリーカフェen+(エンタス)で初個展。

以降、現在に至るまで、地元兵庫を中心に、大阪、東京などで数々の個展やアートイベントを開催。

これまでに描いた段ボールペイントの数は約2,000点ほど。
(現在はキャンバス、アクリル絵の具、顔彩など、新たな画材での制作も始めている。)

無類の動物好きで、3歳の時に野良犬に頬っぺたを噛まれ怪我をするが、自分の心配より捕まった犬の行く末を案じていたと親を感動(困惑?)させたほど。

自分の絵が何か動物たちのために役に立てばと願い、東日本大震災で被災地に取り残された犬や猫を助けるための活動支援チャリティーや、殺処分ゼロのための取り組みも行なっている。

<現在>
2014年の夏より同じ兵庫県の加東市に住まいを移しライフラインのある生活をしている。
県立自然公園の中で、ウサギ、リス、キツネ、タヌキ、アライグマ、イノシシ、シカ、フクロウ、キジ、沢山の野鳥が家の周りに現れる。
殺処分寸前で救い出した保護犬など犬総勢8匹と猫1匹、、人間2人の家族構成。
神戸の土地はそのままに、週に2回は畑仕事に出向いている。
2015年春から肉を食べない生活に。パンが大好きなので小麦を作るのが目下の夢。

展覧会暦
//////////
2012年9月 神戸三宮ギャラリーカフェen+(エンタス)作品展
2013年2月 西宮北口ギャラリー空庵 個展
2013年3月 神戸三宮ギャラリーカフェen+ 作品展
2013年4月 神戸新聞ギャラリー テレマンオーケストラとコラボイベント
2013年8月 東急ハンズ心斎橋店1F 10日間の展示販売イベント
2013年11月 神戸新聞ギャラリー クリスマスと動物たちをテーマに展示
2014年2月 西宮北口ギャラリー空庵 個展
2014年5月 神戸元町ギャラリーDELLA-PACE 個展
2014年5月 神戸三宮ギャラリーKIITO 作品展
2014年11月 東京北青山外苑前ギャラリーDAZZLE 個展
2014年12月 大阪中津カンテグランデギャラリー 個展
2015年2月 西宮北口ギャラリー空庵 個展
2015年5月 大阪のNU茶屋町 合同展
2015年5月 カンテグランデ中津本店ギャラリー 元カンテオーナー井上温との2人展
2015年7月 豊中スペース草 個展
2015年8月 夙川WORLD TIMES 個展
2015年9月 神戸三宮ギャラリーカフェen+ 作品展
2015年9月 夙川 WORLD TIMES 猫展招待参加
2015年10月 大阪谷町 ギャラリー14th.MOON 個展
2015年11月 神戸三宮 en+ 作品展
2016年1月~3月 大阪中津カンテグランデ客席&ギャラリー 「CATANDCHAI~人生は猫とチャイ~」展示
2016年10月 東京世田谷ギャラリーPawpad 個展