赤い角 というタイトルです。

動物と樹が一体となった表現は近ごろ塩田がよく用いる手法です。山に移り住み絵を描き始めた2012年、その最初の年に既にそのような絵もあるにはありましたが、ほとんどは動物なら動物だけ、植物なら植物だけといった作品でした。
その後、山での暮らしを続けていく中であらゆる生命にまつわる共有や循環の観念が深まりこのような互いの関係性を示すような作品が増えてきました。同時に絵に内面的な要素が徐々に盛り込まれるようになりました。より絵画的な世界へ進もうとする意志の表れと受け止められます。

Cdとのサイズ比較です。

作品名:Cuerno rojo

サイズ:24.5×35.5cm

段ボール、ペンキ、アクリル絵の具

制作年:2017年: